Biography

1903Born in Tokyo, Japan
1997Died in May

大沢昌助 略歴

1903東京市芝区三田綱町(現・港区三田2丁目)に生まれる。
1928東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)西洋画科を首席で卒業。
1929二科会第16回展で初入選し、以後42年まで毎回入選。
1933銀座・日動画廊にて個展
38年から絵本や教科書の挿絵を描くなど<挿絵の時代>が続く。(52年頃まで)
1942二科会第29回展で二科賞を受賞。翌43年二科会会員となり、戦後の二科会再建に参加。(二科展には82年に脱退するまで毎年出品)
1947第1回美術団体連合展(東京都美術館)招待出品。以後51年第5回展まで毎年出品。
1952サロン・ド・メ(パリ)招待出品。
第1回日本国際美術展(東京都美術館)招待出品。以後67年第9回展まで毎回出品。
1954第1回現代日本美術展(東京都美術館)招待出品。以後69年第9回展まで毎回出品。
多摩美術大学教授となる。
1965第8回サンパウロ・ビエンナーレ
1967ニ科会第52回展で青児賞を受賞。
1969第9回現代日本美術展〈現代美術20年の代表作〉(東京都美術館)
1970多摩美術大学を辞す。
1971大阪・淀画廊にて父子ニ人展〈大沢昌助・泰夫〉。
1976戦前の前衛展〈ニ科賞・樗牛賞の作家とその周辺〉(東京都美術館)
1977開館記念展 日本の美、その色とかたち(国立国際美術館)
女性美を描く日本・現代の裸婦展(広島県立美術館)
1980大沢昌助全国展(自由が丘画廊、松欅堂など各地を巡回)
「大沢昌助 オリジナル入り画集」刊行(現代版画センター)
1981大沢昌助の世界展(伊東・池田20世紀美術館)
1982ニ科会を脱退。
1983鎌倉画廊にて個展<水平線シリーズ>
1988鎌倉画廊にて個展
1989SAGA89展(パリ・グラン・パレ美術館)に出品
1991変身と変貌 大沢昌助展(練馬区立美術館)
1993鎌倉画廊にて個展<青の遍歴>
1995鎌倉画廊にて個展<逸楽と秩序>、同年第4回中村彝賞を受賞。
19975月15日急性心筋梗塞のため死去 享年93歳
追悼 大沢昌助展(練馬区立美術館)
1999中村彝賞記念 変幻自在流 大沢昌助・じょっぱりの画人 奈良岡正夫展(茨城県近代美術館)
20031月-3月 鎌倉画廊にて「大沢昌助-生誕100年を記念して-」を開催。
個展は、1961年頃よりほぼ毎年東京・大阪等各地で開催。また、多くの作家とともに二人展、三人展等のグループ展にも多数参加。

Top »