September 4 - October 27, 2018

We are closed on Sunday Monday and National holidays (9/17, 9/24, 10/8)

Narita Katsuhiko
Narita Katsuhiko “SUMI 7” 1969-86

 

“Surface of Things,” the current exhibition, focuses on the surface of various works. In our use of the word, “surface” means the result of an intricate process by each artist and comprises oil colors, Japanese paper, wood, iron, stones, metal and artificial materials. The overall impact and the visual stimulus via textures lead to an expansion of the imagination.

“SUMI,” a representative work by Narita Katsuhiko, has a beautiful jet-black surface that follows the natural form of wood transformed into charcoal. Suga Kishio’s work, created in 1981, is surfaced by sandpaper and chalk, whereas the smooth surface of polyurethane poured onto a square panel typifies a series done by Haraguchi Noriyuki. The square iron plate created by Iida Shoji suggests the gradual oxidation of iron.

Other works to be enjoyed in addition to those already mentioned are the creations of Inumaki Kenji, Ebizuka Koji, Ogawa Machiko, Kashio Masaji, Koshimizu Susumu, Sekine Nobuo, Takayama Noboru, Hashimoto Natsuo, Ha Chong-Hyun, Matsuzawa Yutaka, Mokuta Takeo and Yun Suknam. We hope you will enjoy both the overall and close-up view of each and every surface.

Surface of Things

2018年9月4日-10月27日

休廊: 日曜・月曜・祝日(9/17, 9/24, 10/8)

展覧会概要

この度、鎌倉画廊では「Surface of Things」と題し、さまざまな制作過程を経た最終形態である作品の表面・表層=Surfaceに着目した展覧会を開催致します。例えば、木を用いた作品は数多くみられますが、工業用に加工された木材、使い古され風雨を受けて毛羽だったような荒々しい廃材や流れるうちに研磨され滑らかな木肌となった流木、そして高温で焼かれた炭など、その表情は実にさまざまです。絵画における油絵具はもちろん、和紙や麻、鉄や石、そして人工的な素材など、作品を構成し、作家が試行錯誤を繰り返した最終的な表れを担うそれらの表層は時に見る側の視覚に驚きや刺激を与え、時に不思議な安堵感を覚えさせ、フォルムや想像上の手触り感も作用して作品に対するイメージの幅を広げてゆきます。

主な出展作品として、成田克彦の代名詞的なシリーズであり自然のままの木のフォルムと炭化による漆黒の美しさが厳然とした物質感を際立たせる「SUMI」、枕木の壮大なインスタレーションで知られる高山登の80年代の木製の小立体と、雑誌などのイメージをスクラッチしてそのままに写し取った60年代の「転写」シリーズ、紙やすりの目の粗さの違いにチョークの特性を組み合わせ制作された菅木志雄の作品、ポリウレタンの滑らかな表面が独特の緊張感を醸し出す原口典之の半立体的作品。また、「錆びる」という鉄の性質を用いた飯田昭二の作品や、目の粗い麻地の裏から油絵具を表面に濾すように絞り出す河鍾賢の絵画などを展示致します。作品の定義や位置づけのくくりを超えて、フォーカスイン・フォーカスアウトを楽しむように、作品を間近で見ることと、全体でとらえることの両面から鑑賞して頂き、素材が生み出す表層の面白さやその効果に触れながら作品に親しみ堪能して頂きたい企画です。ぜひご高覧ください。

Top »