Biography

1931Bron in Shizuoka, Japan

丹羽勝次 略歴

1931静岡県袋井市生まれ

主な展覧会

1954第8回静岡県美術展 K氏賞受賞(県民会館・静岡)
新制作派協会展に連続入選出品~1965年
1957第11回静岡県美術展 奨励賞受賞(県民会館・静岡)
1958第10回読売アンデパンダン展(東京都美術館・静岡)
1959第13回静岡県美術展 中日賞受賞(県民会館・静岡)
1960第14回静岡県美術展 奨励賞受賞(県民会館・静岡)
1961第1回静岡県芸術祭出品(県民会館・静岡)
1962第2回静岡県芸術祭 幸文堂賞受賞(県民会館・静岡)
丹羽勝次個展(吉見書店画廊・静岡)
1965第5回静岡県芸術祭 芸術祭賞受賞(県民会館・静岡)
1966「触」グループ展(小谷画廊・静岡)
[幻触]展(ギャラリー創苑・東京)
1967グループ「幻触」展(県民会館・静岡)
第11回シェル美術賞展 佳作受賞(白木屋7階グランドホール・東京、京都市美術館・京都)
グループ「幻触」による( )展(ギャラリー新宿・東京)
1968トリックス・アンド・ヴィジョン展 盗まれた眼(東京画廊/村松画廊・東京)
第8回現代日本美術展(東京都美術館・東京)
グループ『幻触』展(吉見書店ギャラリー・静岡)
1969第9回現代日本美術展(東京都美術館)
今日の美術―静岡展 自然・存在・発見(県民会館・静岡)
1970Tricks and ・・・・展(元城アートギャラリー・浜松)
1974第1回複数による「複数展」(村松画廊・東京)
第2回複数による「 」展(渋谷C・C・C・東京)
第3回複数による「複数展」(村松画廊・東京)
1975第4回複数による「複数展」{共通(と)差異}(村松画廊・東京)
1976第5回複数による「私」展(県庁西館3F画廊・静岡)
今日の空間展 INFORMATION & COMMUNICATION(横浜市民ギャラリー)
1978小林幹於・丹羽勝次 drawing 紙・木・石(谷島屋3F画廊・静岡)
1981静岡の現代美術家による?展(西武静岡展6階スタジオテック・静岡)
1982現代作家6人展(Gallery美術舎・静岡)
複数による「複数展」(JUJU・静岡)
1984第6回現代美術展(常葉美術館・静岡)
1986風景展(清水市民文化会館・静岡)
第8回現代美術展(常葉美術館・静岡)
1987第9回現代美術展(常葉美術館・静岡)
1989 丹羽勝次展 drawing(教育会館ロビー・静岡)
アパルトヘイト否!国際美術展 静岡県展代表委員
1990丹羽勝次展(静岡ガス紺屋町ガスサロン・静岡)
1991札幌―ソウル16人展(札幌大同ギャラリー・北海道)
1995丹羽勝次展 WORK:ON AND OFF(にっせんれん画廊・静岡)
A-Value展VIII(静岡県立美術館県民ギャラリー・静岡)
1996WORK ON PAPER(札幌コンチネンタルギャラリー・北海道)
DRIPPED A-VALUE(アラヤミュージアム・フィリピン)
1997丹羽勝次展 surface on painting(にっせんれん画廊・静岡)
1998丹羽勝次展 WORK:SHADOW ON PAPER(アートカゲヤマ画廊・静岡)
1999丹羽勝次展(サロンギャラリーどらある・北海道)
2001石子順造とその仲間たち〈グループ幻触を中心に〉(虹の美術館・静岡)
ちっちゃな文化展(大須賀町・静岡)(~2013年)
2002丹羽勝次 紙・板 “もう一つの現実”(にっせんれん画廊・静岡)
幻触 1968年(静岡文化芸術大学ギャラリー)
2005平面と空間のあいだ―はざまの表現―(ギャラリーCAVE・静岡)
「幻触」(鎌倉画廊・神奈川)
もの派―再考(国立国際美術館・大阪)
2007五感でアート(長野県信濃美術館・長野)
2010トリックアートの世界 キミはこの謎がとけるか?展(長野県信濃美術館・長野)
2011トリック&ユーモア展(横須賀美術館・神奈川)
五感でアート Part II(長野県信濃美術館・長野)
石子順造的世界(府中市美術館・東京)
2012丹羽勝次展(403スノドカフェギャラリー@金座ボタニカ・静岡)
GUN-新潟に前衛(アバンギャルド)があった頃(新潟県立近代美術館・新潟)
2013 WHAT’S GOING ON「ON and OFF」から塩の道へ(フェルケール博物館・静岡)
2014幻触シリーズ①丹羽勝次展「NOW」(金座ボタニカアートスペース・静岡)
グループ「幻触」と石子順造1966–1971展(静岡県立美術館・静岡)
静岡アートドキュメント2014(静岡遊木の森)
2015個展 昭和の「違和」:昭和の「今」(金座ボタニカアートスペース・静岡)
浜松アートルネッサンス2015(浜松城公園)
2016静岡x東京 富士山展(金座ボタニカアートスペース・静岡)
Ryu x Botanica 野生の視線(金座ボタニカアートスペース・静岡)
re-「幻触」(鎌倉画廊・神奈川)

Top »