Biography

1913Bron in Dalian, Manchuria

篠田桃紅 略歴

19133月28日、旧満州国大連に生まれる
1919この頃、書き初めで初めて筆と墨に触れる。
1940初めての個展「書」(鳩居堂、東京)
1945既成の書の形にとらわれない墨による新たなかたちを心に思い描く。
1953毎日書道展の審査員を務める(2回)
1954「日本現代書道展」(ニューヨーク近代美術館)
サンパウロ市400年祭の日本政府館[丹下健三設計]の為に壁書<花の歌>
[三好達治の詩「石の上」の一節]を制作
1955「日米抽象美術展」(国立近代美術館、東京)
「現代日本の書・墨の芸術ーヨーロッパ巡回展の国内展示」(国立近代美術館、東京)
ワシントン州国際見本市日本モデルルーム[剣持勇設計]の為に壁書<炎・氷>を制作
ヘルシンボール生活文化展(スウェーデン)日本館[剣持勇設計]の為に壁書[詩]を制作
1956個展(養清堂画廊、個展)
渡米、ニューヨークに滞在
個展(スエゾフ・ギャラリー、ボストン)
1957個展(アート・インスティチュート・オブ・シカゴ)
個展(バーサ・ジェイファース・ギャラリー、ニューヨーク)
個展(タフト美術館、シンシナティ)
個展(ギャラリー・ラ・ユーヌ、パリ)
1958個展(ジェファーソン・プレイス・ギャラリー、ワシントン)
帰国
1959個展(パレ・デ・ボザール、ブリュッセル)
「白隠、志功、桃紅・南谷4人展」(クレラーミュラー美術館、オテルロー)
「現代日本絵画展」(中南米巡回)
4月から延べ2年3ヶ月にわたって朝日新聞日曜版の為に「旅」の字を書く。
1960フィラデルフィアから来日した刷師アーサー・フローリーの勧めで、このころよりリトグラフを制作し始める
1961「ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展」で特選を受賞。(カーネギー・インスティチュート)
「現代日本絵画展」(アカデミー・デル・クンスト、ベルリン)
第6回 サンパウロ・ビエンナーレ招待出品
1962「近代日本の造形 絵画と彫刻」(東京国立近代美術館)
1964国立屋内競技場貴賓室の為に壁画を制作(東京)
1965個展のためニューヨークに半年滞在。
個展(べティー・パーソンズ・ギャラリー、ニューヨーク)
国立京都国際会館[大谷幸夫設計]2階ロビーの為にレリーフ<展開>と壁画<出遇>を制作
1966個展(レツィルクザムト・フォン・ベルリン)
第1回ジャパン・アート・フェスティバル(ニューヨーク、シカゴ美術館)
カナダ・モントリオール万国博覧会日本館[芦原義信設計]中央展示室の為に
壁画<みなも>を制作
1967「ROSC ’67(第1回展)世界50人展」(ロイヤル・ダブリン・ソサエティ、 ダブリン)
1968個展(べティー・パーソンズ・ギャラリー、ニューヨーク)
1971個展のためしばらくニューヨークに滞在
個展(べティー・パーソンズ・ギャラリー、ニューヨーク)
1972個展(日本橋高島屋、東京)
1973「戦後美術の展開ー抽象表現の多様化」展(東京国立近代美術館)
1974増上寺[日新設計(斎藤智正)設計]大本堂、ロビーの為に壁画を、道場の為に襖絵を制作(東京)
1977個展(べティー・パーソンズ・ギャラリー、ニューヨーク)
ワシントン駐米大使公邸[吉田五十八設計]の為に壁画を制作
1979随筆集「墨いろ」(PHP研究所発行)で27回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
「岡田・篠田・津高[20世紀日本抽象絵画三人のパイオニア]展」(フィリップス・コレクション、ワシントン 以降米巡回)
1982個展(ギャルリー・ところ、東京)
1986個展(ギャルリー・ところ、東京)
1989個展(有楽町アート・フォーラム、東京)
「絵画と文字:かかれた文字/書かれた絵」(北海道立函館美術館)
1992回顧展「篠田桃紅 時のかたち」(岐阜県美術館)
「書と絵画の熱き時代・1945–1969」((財)品川文化振興財団 O美術館、東京)
1993トールマン・コレクションによる回顧展「篠田桃紅ー新たなる認識」(銀座三越、東京)
個展「書」(日本橋丸善、東京)
御所 御食堂の為に絵画を制作
1994「戦後日本の前衛美術展」(横浜美術館)、その後グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)で巡回展
1995「戦後文化の軌跡 1945–1995」展(目黒区美術館 他巡回)
1966福岡RKB放送センター、ロビーに壁画を制作
1996読売新聞朝刊に作品連載 97年4月まで。
個展(シンガポール国立近代美術館)
1997個展(鎌倉画廊、東京)
1998個展(アネリー・ジュダ・ギャラリー、ロンドン)
NHK BSスペシャル「墨いろに心を託してー抽象画家 篠田桃紅」放映
スミソニアン・サクレア・コレクションにリトグラフ作品収蔵
個展(鎌倉画廊、東京)

収蔵 抜粋

公的コレクション

オルブライト・ノックス美術館(ニューヨーク)、大英博物館(ロンドン)、ブルックリン美術館(ニューヨーク)、シンシナティ美術館(シンシナティ)、フォッグ美術館(ケンブリッジ)、フォルグヴァンク美術館(エッセン)、国立博物館東洋美術館(ベルリン)、岐阜県美術館、富山県立近代美術館、東京国立近代美術館、クレラ・ミュラー美術館(オルテロー)、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)、ハーグ市立美術館、ティコティン日本美術館(ハイファ)、アート・インスティチュート・オブ・シカゴ、チェース・マンハッタン・バンク N.Aコレクション(ニューヨーク)、ファースト・ナショナル・シティ・バンク・コレクション(ニューヨーク)、フォード財団コレクション(ニューヨーク)、ロックフェラー財団コレクション(ニューヨーク)

壁画、緞帳、その他

駐米総領事館(ニューヨーク)、駐仏日本大使館(フランス)、駐米日本大使公邸(ワシントン)、日本文化館(ローマ)、国立屋内競技場(東京)、山梨県民会館(甲府)、日南文化センター(日南)、明治座(東京)、筑波カントリークラブ(筑波)、帝人リサーチセンター(茨木)、朝日生命本社(東京)、後楽園(東京)、電通本社(東京)、トヨタ自動車(豊田)、タイムライフ社(自家用飛行機)、日航ホテル(東京)、パレスホテル(東京)、ホテル・ニューオータニ(東京)、キャピトル・東急ホテル(東京)、京王プラザホテル(東京)、日本銀行(東京)、日本輸出入銀行(東京)、クレディ・リヨネ銀行(東京)、スイス・ユニオン銀行(東京)、日建設計(東京)、バンカーズ・トラスト銀行(東京)、ケミカル銀行(東京)、安田信託銀行(東京)、マルモ・コンサート・ハウス(スウェーデン)、ホテル・ヴィトシャ(ソフィア)、増上寺(東京)、アメリカン・クラブ(東京)、日本外国特派員協会(東京)、御所 御食堂(東京)、スイス銀行(東京)、モービル社(東京)、国立京都国際会館(京都)

Top »