Mouse trap + Underground Zoo + 3.11

Solo Exhibition

October 27th - December 22nd, 2012

Mouse trap 1968

TAKAYAMA Noboru (1944-) is one of the main artist of "Mono-ha." One of his early work titled "Mouse trap" (1968) was re-created by the artist for this exhibition. His typical work that is composed of railroad tie is also on display. In addition, you can see the some drawings and documentary video of his activity after earthquake (2011.3.11) in Miyagi prefecture.

高山 登展 「ねずみとり + 地下動物園 + 3.11 -1968年から2012年へ-」

2012年10月27日-12月22日

展覧会概要

1960年代末より70年代初頭を中心に日本現代美術の大きな動向となった「もの派」。今展では、その代表的作家の一人である高山登(1944-)の作品の中より、作家活動初期にあたる1968年の作品「ねずみとり」および「地下動物園(部分)」の展示を軸に、その周辺時期のドローイングや昨年の東日本大震災後に作家の活動拠点である宮城で撮影されたドキュメント映像(ディレクター:村井啓乗氏)などを合わせて展示致します。

「ねずみとり」は初めての画廊スペースでの発表(二人展)を行った際に制作されたもので、扉やマネキンの頭部、ネズミ捕りなどが使われ、オブジェと絵画が組み合わされたコンバイン・ペインティングです。その後は保存されず、長年にわたり資料でしか見ることのできない作品となっていました。作家の活動をたどる上で大変重要なこの作品を作家の手により今展で初めて再制作致します。また、同じ年に試作され、翌年発表された「地下動物園」は、作家が今日まで取り組み続けている象徴的作品である枕木を使用した最初の作品です(今展での展示は一部分のみで1995年再制作)。戦時中、日本がアジアを侵略した歴史のなかで行った鉄道敷設や国内各地の炭鉱の坑道を走る線路・・・。近代化のなかで消えていった命を人柱のように感じ、鎮魂の思いから枕木作品に取り組み始めたという作家の根底には「物質と記憶」というテーマが一貫して存在しています。

生と死の境界を表すかのようなパーツで構成された「ねずみとり」や、自らが被災者の一人にもなった震災後の現地を見つめる作家のまなざしからは、作品を作り出す過程で生や死や命と強く向き合い続けてきたことがうかがえます。作家の原点とも言えるニ作品と、その後の作品への構想を垣間見るドローイング、そして今日へと繋がる被災地での活動映像を同時にご覧頂ける貴重な機会になることと思います。ぜひご高覧下さい。(※映像では、1973年発表・2010年再編集の「遊殺イメージ」も合わせてご覧頂けます。)

Top »