This is not a coincidence but meant to be

Solo Exhibition

September 5th - October 25th, 2015

We are closed on Monday, Tuesday and National holidays (9/21-23、10/12)
Opening Party(with artist): September 5th, 16:00-18:00

Yun Suknam, a Korean woman artist, has, through her drawings, sculptures and installations, attempted to express women’s figures and feelings under difficult situations or pressures. The models for her works are not only women of a bygone generation, such as her own mother, but also women of today, including herself. In truth, Yun had been unable to find personal meaningfulness before she began, in her forties, to study art.

Many women in bygone generations were in difficult situations under patriarchal societies, suffering gender discrimination or bondage. Yun expresses such situations through one of her typical works wherein chairs having many thorns on the seats prevent women from sitting on them. On the other hand, through the long arms of her sculptures she also expresses women's strength and motherhood that protect their children or struggle against hard situations.

Yun has had exhibitions in South Korea from the 90s and has participated in some group shows at museums in Japan. The Seoul City Museum this spring held a retrospective exhibition of her works. Kamakura Gallery will hold her fourth solo exhibition, in which her most recent series, titled “Neowa,” will be on display. The word “Neowa” derives from “Neowa Roof,” a roof made mainly of oak. Many years ago, the people in a village deep in the mountains could not obtain tiles for their roofs because they had insufficient money. Instead, they used oaks. Yun obtained some of those “Neowa” boards that were removed from a roof 30 years ago and upon them drew what was to become her latest works.

In addition, one of her installations, titled “Blue Room-Resurrection” will also be on display. It is a special version of her “Blue Room” series inspired by Korean mythology that concerns women's bravery and power to change the difficult situation. In this special version, Yun has attempted to express women's resurrection and rebirth by displaying lotus as a symbol of rebirth. This exhibition provides a valuable opportunity to see her latest works.

Yun Suknam, Neowa 25. Tis Not Fortunity but Destiny 2013 Mixed media 101.5 x 53.5cm
Yun Suknam, Neowa 25. Tis Not Fortunity but Destiny 2013 Mixed media 101.5 x 53.5 cm

尹 錫男 展

This is not a coincidence but meant to be

2015年9月5日-10月25日

休廊: 月曜・火曜・祝日 (9/21-23、10/12)
オープニングパーティー(作家が来日します) 9月5日(土) 16:00-18:00

展覧会概要

韓国の女性作家・尹 錫男(ユン・スクナム)は、絵画やドローイング、木にアクリル絵具で彩色した立体作品などを通して、自身の母親や歴史上の韓国女性たち、そして自らを含む現代女性の姿を投影しながら社会における困難や抑圧の中で生きてきた、また生きている女性たちの姿や心情を表現してきました。代表的な作品群には、座面から鋭い突起が無数に突き出し座れない椅子や深く沈んだ女性像の表情に、家父長制社会、性差別、支配や束縛など、長きに渡り女性たちがおかれてきた状況や抱えてきた不安・苦悩が込められる一方で、家族や子供にご飯を食べさせるため、希望をつかむために長く伸びる腕など女性の強さや母性、逞しさなども見て取ることができます。

韓国を中心に発表を重ね、日本国内では東京国立近代美術館、国立国際美術館(1996年)や福岡アジア美術館、沖縄県立博物館・美術館、栃木県立美術館、三重県立美術館(2012年)でのグループ展に参加。今年春にはソウル市立美術館での大規模個展が開催されました(済州島に巡回中)。

鎌倉画廊で4回目の個展となる今展では、最新シリーズ「Neowa」から12点を出展致します。これは、かつて韓国の山深く貧しい地域で屋根の瓦を手に入れることができなかった人々が樫の木などの板を瓦の代わりとしましたが、30年ほど前に取り外されたその廃材で作られています。「Neowa Roof」と表される風雨に耐えたその屋根材の木肌を、作家は「まるで人間の肌のよう」に感じました。その一枚一枚の板に、さまざまな表情の女性たちの顔が描かれています。

作家自身は、中流階級の女性として妻・母の役割を果たしながら日々を送ってきましたが、40歳を過ぎて制作を始めるまでは自らの存在意義に疑問を感じていたといいます。各国での女性解放運動を経た現代でも払拭できない女性の不安感。そのリアルな体験と視点から90年代半ばに取り組み始めたインスタレーション作品“Pink Room” は、作家自らを含む現代を生きる女性をモデルに始まったシリーズです。狂おしいピンク色で統一された部屋、棘が突き出し座れない西洋風の椅子、足をすくわれそうな床一面のビーズなどで現代女性の不安定感を表しましたが、その後発表した“Blue Room” は女性の持つ勇敢さや意志の強さが状況を変えていくことを含んだ、韓国に伝わる神話からインスピレーションを得た作品です。今展ではこの“Blue Room” の一部を会場に合わせて特別構成し、復活や再生の象徴として蓮の花を配した“Blue Room – Resurrection”(Resurrection は蘇生や復活の意) として展示致します。アジアの女性現代美術作家として重要な役割を果たしている尹 錫男の新作個展を是非ご高覧下さい。

 

尹 錫男(ユン・スクナム)

1939年 中国東北部(旧満州)生まれ。1983-84年、Pratt instutute Graphic Center, Art Student League (New York, USA)で美術を学ぶ。鎌倉画廊では1996年、98年、2003年に個展を開催。韓国内の美術館・画廊では継続的に作品を発表し、日本国内では1996年「90年代の韓国美術から-等身大の物語」(東京国立近代美術館、国立国際美術館巡回)や2012年「アジアをつなぐ-境界を生きる女たち1984-2012」(福岡アジア美術館、沖縄県立博物館・美術館、栃木県立美術館、三重県立美術館巡回)に出品。ヴェニス(1995)、台湾(1998)、シドニー(2000)、光州(2000)などのビエンナーレにも参加してきた。今年春にはソウル市立美術館での大規模個展を開催し、現在済州島に巡回中。日本国内では福岡アジア美術館、栃木県立美術館、三重県立美術館、徳島県立美術館が作品を収蔵。

Top »