Kind of Green

Solo Exhibition
May 9th - June 27th, 2009

Yoshikawa Tamihito

Yoshikawa Tamihito has been pursuing expressions of abstract painting since he started his career. His sence of colors and lines that rousing our imaginations are getting a favorable reception. This solo exhibition is the eighth at Kamakura Gallery.

He made many works are inspired by a nature, for example, winds, daylights, flowers, clouds, and etc. These works have an uplifting feeling and beautiful harmony of colors. In this exhibition, there are about 20 new works, prints, drawing and tridimensional works made from iron. Yoshikawa said that "Some of recent works is affected by jazz musics". You can see the works painted in green, blue or yellow by lilting touch and that will make you feel pleasantly refreshed.

吉川民仁展 "Kind of Green"

2009年5月9日-6月27日

展覧会概要

抽象絵画による表現を追求し続け、その優れた色彩感覚と、観る者にさまざまな想像をかきたてさせる豊かな線描表現が評価される吉川民仁。鎌倉画廊での個展は、1990年の初出展から今回で8回目を数えます。

白・黄色・ピンク・青などを基調とした画面に、絵筆やペインティングナイフなどを用いた、あるいはチューブから直接絞り出された数々の色たちが飛散する吉川の作品。風や光、四季など自然のなかからインスピレーションを得た作品を数多く発表し、その独特な透明感と躍動感、色彩によるハーモニーは、「観る側のキャパシティーを大切にしたい」という作家の思いと重なりながら鑑賞者の心に入り込みます。

「近作のバックボーンには軽快なJAZZ音楽の要素が加わった」という作家が、今展では"kind of green"というタイトルのもと、緑や青、黄などを基調とする作品をはじめ、ドローイングも含めた大小約20点の新作を発表します。また、鉄を用いた立体作品も初出展致します。

石膏パネルにアクリル絵具を用いた初期の手法から、キャンバスに油彩中心の表現に移行して6年あまり。画家としてのキャリア20年を数えてなお、その感性が生み出す清々しい若葉のような新作をぜひご覧下さい。

Yoshikawa Tamihito Yoshikawa Tamihito

Top »