By the Wind

Solo Exhibition
May 27th - July 29th, 2006

Yoshikawa Tamihito Yoshikawa Tamihito

吉川民仁展 「風の吹くところ」

2006年5月27日-7月29日

作家コメント

風の動きは物事の関係や流動性を良く示している。その自由な動き方、流動性自体を制作のまさに原動力としたいと考えている。しかし、風自体を描きたい訳ではない。

風に向かい歩みを進める時もあれば風任せにふらふらと徘徊することもあるでしょう。まさに絵の制作もこれに同じである。

風は空気の層が色々な関係により生まれ流れ出てきて、物事との関わり合いを持ちながら変化をして吹き抜けて行く。

絵も色や形が自由に交わり、その関係が結果となる。

このあたりが風をテーマにしたい訳です。

Yoshikawa Tamihito Yoshikawa Tamihito

Top »