“Red, Canvas, Electricity...” Paris 1971-Tokyo 1994 + Prints

Solo Exhibition

September 7th - October 20th, 2013

1971 Biennale de Paris

YOSHIDA Katsuro (1943-1999) is known as one of the main artists of “Mono-ha”, Japanese art movement in the late 60’s - early 70’s. One of his works titled “Red, Canvas, Electricity...” that was first displayed at the 7th Paris Youth Biennale in 1971 and he made a re-creation of this work at “Mono-ha” exhibition at Kamakura Gallery (Tokyo) in 1994. In the current exhibition, the re-creationed one and his silkscreens from 1970 to 1972 are on display.

吉田克朗展 “Red, Canvas, Electricity...” Paris 1971-Tokyo 1994 + Prints

2013年9月7日-10月20日

展覧会概要

吉田克朗(1943-1999)は多摩美術大学で斎藤義重教室に学び、1960年代末から70年代初頭にかけて未加工の工業素材や木・石などの自然物を用いた作品を発表しました。この活動はのちに「もの派」として李禹煥や菅木志雄、榎倉康二らの作品とともに知られることとなり、近年では欧米でも評価・研究がされています。60年代後半より現代日本美術展(東京都美術館他)、現代美術の動向展(京都国立近代美術館他)、ジャパン・アート・フェスティバル(東京セントラル美術館他)などに出品してきた吉田は、もの派の重要な作家であると同時に、常に時代の先端をゆく芸術を牽引してきた一人といえます。

1971年、28歳の作家が第7回パリ青年ビエンナーレに出品した「赤・カンヴァス・電気など」(赤い絵具で連続的な形状が描かれた幅広のキャンバスと裸電球を用いた作品)は、作品を構成する素材をそのままタイトルにした一連の作品群のひとつです。今展では、1994年に鎌倉画廊で開催した「モノ派」展にて再制作された同作品を約20年ぶりに展示し、血気盛んな作家の漲る独創性を再認識する機会に致したく、企画致しました。

また、作家は活動のもうひとつの軸と言える版画でも各国の国際版画展に数多く出品してきました。「赤・カンヴァス・電気など」が制作された周辺の年代の版画作品から、1970年第1回ソウル国際版画ビエンナーレに出品された3点(東亜日報賞を受賞)をはじめ、70年から72年制作の版画を合わせて展示致します。逝去から14年近くの歳月が流れましたが、その斬新な作品群は今なお各国の人々を魅了しています。一昨年開催した吉田克朗展に続く、記録としての意義が深い展覧会になります。ぜひご高覧下さい。

Top »