Water reflecting in the moon

Solo Exhibition

March 8th - April 27th, 2014

Closed on Monday, Tuesday and National Holidays
Opening party, March 8th 4-6PM

Koeda Shigeaki
Koeda Shigeaki 2014

 

Shigeaki Koeda (1953-) has been working on the artworks that combined painting and photograph since 1980s. In 2003, he was inspired by Jakuchu Ito's “Hanamaruzu” and started one of his main projects titled “Flowers - Between the eyes.” He has been trying to create 100 Lambda prints using 100 flowers in a his specific way and over 80 works were completed. For this exhibition, he has created latest Lambda prints, paintings and small works. The show will open on Saturday March 8th and will be on view through April 27th. We’ll have a little party with the artist on Saturday March 8th 4-6 PM.

小枝繁昭展 -月にうつる水-

3月8日(土)-4月27日(日) 月曜・火曜・祝日は休廊

初日3月8日(土)午後4時-6時は作家を迎えてのオープニングパーティーを致します。また9日(日)午後1時以降も作家が在廊予定です。(詳しい在廊時間は当日お問合せ下さい)皆様のお越しをお待ちしております。

展覧会概要

小枝繁昭(1953-)は、絵画や版画作品とともに1980年代よりペインティングと写真を融合させた作品を制作し続けています。今展で展示の中心となる「花-眼差しのあいだ-」と題されたプロジェクトは2003年より継続しているもので、一つひとつの作品には用いられた花の名前が付けられ、あわせて100作品(100華)を作り上げるというものです。作家は、数多くの花々を壁面や襖に整然と並べて描いた伊藤若冲の「花丸図」(金刀比羅宮奥書院上段の間)に触発され、このプロジェクトを開始し、現在およそ80作品が完成しています。これらの作品は、作家が面前の生花とガラス板を挟んで向き合い、対話するかのようにガラス板にペインティングを描くという独自の技法を用い、両者の緊張感を保ちながら生み出されていきます。「花との密会」ともいう時間のなかで作り出された作品は、花の持つ生命力や妖艶さを増して私たちの前に現れます。今展の「月にうつる水」という展覧会タイトルは、作家のアトリエがある比叡山から、琵琶湖の上に眺める美しい月に誘われるような感覚と、花々と向き合い自らの心を静かにしていく感覚を重ね合わせたところから付けられましたが、圧倒的な花の艶やかさが際立つプロジェクト開始時の作品から、花との静かで成熟した関係性へ向かっているような近作への変化も反映されているのではないでしょうか。「100華」到達に向けて円熟を見せる同プロジェクトの最新作ラムダプリント10点をはじめ、ペインティングや塑造・陶(小品)の新作などおよそ20点を展示する新作個展を是非ご高覧下さい。

― 月にうつる水 ―

月が浮かぶ、湖東を照らしながらぽっかりと、光の道を湖面に敷き詰めながらゆっくりと。

私は京都と大津にまたがる比叡山の中腹に住んでいる。

西には京都の街を、東には琵琶湖と対岸に広がる近江平野を見下ろすことができる。

晩秋から冬にかけて、ここから眺める月の出はじつに美しい。

レンズの中の花をそっと覗き込む。

自分の中に“何か”が起こるまで、、、、、、。

自分は少しで、花がたくさんがいい。

自分の心を静かにすること。

月に誘われたときの感覚に似ている、花との密会。

小枝繁昭

SHIGEAKI KOEDA Works / 小枝繁昭

Top »