Ship 60’s & Work on Paper

Solo Exhibition

June 2nd - July 29th, 2012

Ship 1966

Noriyuki Haraguchi (1946-) is one of the main artist of “Mono-ha,” Japanese art movement in the late 1960s. In this exhibition, his early work of his career in 1960s, titled “Ship,” are on display. These works were elaborately made like scale model,made of papers, cardboard and etc. His drawings from that period will also be on display.

原口典之展 Ship 60’s & Work on Paper

2012年6月2日-7月29日

展覧会概要

1960年代より現代美術の第一線で作品を発表して続けている原口典之(1946~)。半立体的な絵画やレリーフ、また鉄材や鋼材、ゴムやポリウレタンなど工業素材を用いた作品には常に「物質」に深くこだわった作家の意図が反映され、1960年代後半~70年代の日本現代美術における動向「もの派」の主要な作家の一人に数えられています。1977年のドクメンタ(ドイツの現代美術展)をはじめ国外でも数多くの作品を出展し、独特の均衡で成り立つ緊張感に満ちた作品は高い評価を得てきました。

米国戦闘機のファントムや攻撃機スカイホークの実物大の尾翼を再現した作品やプール状の鉄型に廃油を流し込み周囲の景色が漆黒の中に映りこむ通称"オイルプール"は国内外で展示される度に大きな反響を呼んでいます。その作風は絵画や立体作品、「もの派」といったくくりにカテゴライズされないインパクトを観る者に与えてきました。今回の個展では、活動初期に制作された1960年代の「Ship」シリーズを中心に、もの派の展開が著しい1970年前後のドローイングを合わせて展示致します。

「Ship」は横須賀で生まれ育った作家が度々目にした米軍の駆逐艦や潜水艦などをモチーフに紙を主な素材としてマケット(模型)のように作られ、精巧な手作業と大胆にデフォルメされたシルエットが絶妙な緊張感を作り出しています。また、40年以上前まで遡って作家の構想を垣間見ることのできるドローイングは、60~70年代の日本現代美術が世界的に再検証されている今日において改めて注目すべき作品群です。新たな試みを紙の上で実験として行ってきた当時の足跡をご覧頂ける機会となります。ぜひご高覧下さい。

Top »