Dear Mr. John Cage

April 13 - June 30, 2002

Artists:
OKADA Yo
megumi nakai
MATSUO Sho

Site Image

Site Image

Site Image

拝啓 ジョン・ケージ様

岡田 葉、メグミ・ナカイ、松尾 尚 3人展

2002年4月13日 - 6月30日

本展は、作風のばらばらな3人の作家によって構成されます。彼らの顔ぶれは全くの偶然浮上したものですが、ふたを開けてみると、思いがけずある共通点が見られました。

それは、彼らの育った音楽背景が非常に重なることです。メイン・カルチャーとは離れたところでお気に入りの音楽を見付け、愛で、のめりこみ、そしてその音楽こそ彼らのつくりだす芸術に多大な影響を与えているという三人の選んだメディアは見事に重ならず、3つの軌跡は離れたところで別々の方向に伸び、そしてここで交わることになります。

三つ編みや白いレースをクローズアップしたり、吉川ひなの、鈴木あみといった、マスメディアに登場する芸能人の顔をモチーフにした絵画を描く岡田 葉。

メグミ・ナカイは、中指を立てた幾つもの石膏の手型を並べたり、雑誌のQ&Aコーナーに寄せられた質問に対する独自の回答集「Q+A」など、人間社会を鋭く風刺する作品を制作する一方で、死んだ飼い犬を百目の犬として蘇らせ、他の犬の反応を写したビデオ作品を発表したり、その対象は様々な生理的コンセプチュアル・アーティスト。表現のメディアは限定されず、今回は陶芸を用いた作品を中心に発表します。

松尾 尚は、ルドルフ・シュタイナーの思想に感銘を受け、アメリカ留学。その後渡独し、独学で写真を学んだ実験写真家です。本展では「時間と運動」をテーマに、組み写真で構成される作品を発表します。

彼らのリスペクトする実験音楽家:ジョン・ケージをタイトルに掲げ、まさにケージ音楽の提唱した“Chance Operation”(偶然性)に導かれて、3つの異なるアプローチはどのような旋律を描くのでしょうか。

鎌倉画廊が数年ぶりに推薦致します若手作家3人による、予測不可能な実験的楽曲をお楽しみ下さい。

作品出展作家: 岡田 葉、メグミ・ナカイ、松尾 尚

Site Image